東京海上日動のトップクオリティ代理店

←戻る

リスクマネジメントの取り組み


事業継続計画の取り組みをご紹介します。



【目次】

1.【リスクマネジメントの立ち位置】
2.【事業継続計画の策定】
3.【訓練と実践】
4.【計画の見直し】


1.リスクマネジメントの立ち位置

わたしたちは、保険代理店として、リスクマネジメントに取り組んでいます。それには以下のような事柄を意義として捉えています。

・地震や水害のような大規模な自然災害で自分たちが被災者になる
・自社内での感染症クラスターで業務が停止する
このような事態は、お客様が保険金を必要としている時に、保険金支払いが滞ってしまいます。
「事業を停滞させない」また「事業を早期復旧させる」ための取り組みを行っています。

2.事業継続計画の策定

当社では、BCP(事業継続計画)として、地震/水害/感染症クラスターが発生したことを想定して、
・初動対応(避難対応、安否確認、災害対策本部設置等)
・最重要主要業務(保険金請求手続きのための臨時設備や施設ルール)
をそれぞれの事態に備えて整備しています。


3.訓練と実践

それぞれ毎年1回の
・事務所備蓄品の確認
・ハザードマップ/避難経路の確認
・安否確認訓練
・災害発生時の保険金請求手続き研修
・ルールの見直しと研修
を実施しています。


4.計画の見直し

昨今のサイバー攻撃リスクに対し、事業継続の観点からも対策が必要となりました。このような新たな驚異に対しても毎年1回、ルールの見直しと研修を行っています。


5.事業継続力強化計画の認定

令和4年度の事業継続力強化計画の認定を受けました。
事業継続力強化計画とは、中小企業が策定した防災・減災の事前対策に関する計画を経済産業大臣が「事業継続力強化計画」として認定する制度です。

弊社では、事業継続力強化計画の策定のご支援をしています。
詳しくは、以下ポータルサイトをご覧ください。
中小企業強靱化支援ポータルサイト



←戻る

© ほけんのアスキット